佐々木めばえ


1996年、北海道音更町生まれ。大学で特別支援を学ぶ中で診断名で人を判断する社会の風潮と従来の障害観、教育観に疑問を持ち、人が生まれながらに持つ個性を生かすことができるような教育の方法を知るために渡米。カウンセラーとして自閉症のある子どもたちと関わる中で「すべての人は異なる形をしたパズルのピースである」という感覚を抱き、帰国後TEDxにて「何が障害をつくるのか~こうするべきという思い込みを打ち壊す~」を発表した。卒業後に再度渡米し、自閉症のある子どもたちと関わる中で抱いた「言葉を超えた領域で全ての命が繋がっている」という感覚をもとに、2020年より「生命の森」をテーマに制作を始める。同年10月に北海道で「佐々木めばえ展生命の森」を開催し、2021年にメキシコで同展を開催。日本では報道されないコロナ禍の現状を知るために、パンデミック下の2020年より2年7か月間、現地に住まいを借りて長期間滞在するスタイルで中米、欧州、東南アジアに渡る8か国をフィールドワークをしながら旅した。2023年6月帰国。料理、パン作り、読書、ジャズ、絵画鑑賞、ダンス、アウトドアキャンプが好き。詳しくはphilosophyのページへ。



"philosophy"のページを読む


経歴

2014年 千葉大学教育学部特別支援教育教員養成課程 入学
2014年 タイへ短期留学
2015年 マレーシアへ短期留学
2015年 千葉市にて共同写真展開催
2015年 FMタイトーク ラジオ『めばえのDREAM COLLECTION!』パーソナリティ
2016年 米国ノースカロライナ州自閉症のある方専用キャンプにてボランティア
2016年 TED x Chiba University『なにが障害をつくるのか~こうするべきという思い込みを打ち壊す~』発表
2017年 東南アジア4か国一人旅、ロシアソチ国際キャンプ会議参加
2018年 東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室主催「異才発掘プロジェクトROCKET」 インターン
2018年 株式会社ヘラルボニー インターン
2019年 千葉大学教育学部特別支援教育教員養成課程 卒業
2019年 北海道帯広市にて絵画と写真の個展『shed』開催
2019年 米国ノースカロライナ州自閉症のある方専用キャンプにてカウンセラー
2020年 東京都世田谷区の福祉施設、保育園にてアートワークショップ開催
2020年10月 北海道とかち帯広空港にて『佐々木めばえ展生命の森』開催
2020年11月 パンデミック下に渡欧、ポルトガル・スペインでフィールドワーク
2021年 北海道十勝にある7つの施設にて『生命の森展』巡回展開催
2021年 メキシコで滞在制作、メキシコ・チアパス州で『生命の森』展開催
2022年 グアテマラで滞在制作、画詩集『いのちのパズル』発表
2022年 ドイツ、オランダでホームステイ
2023年 マレーシアで滞在制作
2023年6月 8か国を旅して、2年7か月ぶりに日本帰国